税金の使い道について「ありがとう」を伝えたい

税金 使い道

Sponsored Links


Sponsored Links

税金の使い道

と聞くとあなたはどう言う印象を抱くだろうか?

僕は「良い使われ方はしていない。」という、印象が強かった。

それは日々、ニュースで流れてくる「政治家や公務員の汚職事件」「政治とカネ」の問題などをよく耳にし、よく見ていたからだ。

そんな印象が強かった税金へのイメージに最近、少し変化があった。

僕には子供が2人いて、次男が生まれつき障害を持っていて、障害者2級の判定を受けている。

僕は子供の教育には沢山の経験・体験が大切だという風に考えている。

それは僕自身が今までの人生経験の中の様々な経験・体験が自分を大きく成長させてくれたと感じているからだ。

その為、休日や暇が出来ると遠くの知らない場所や知らない経験が出来る場所へ努めて、行くようにしている。子供にワクワクする体験や旅することの楽しさを知って欲しいと考えてだ。

 

そんな時に様々な交通機関を利用する。

その際、障害者手帳を見せるとサポートする為に、利用料が割引になる障害者割引を適用させて頂いている。

そんなサービスを受けさせていて、ふと「これは誰かが納めて下さった税金の一部を利用させて頂いているんだな。」と思った。

正直、別に子供が産まれるまでも税金によるサポートを受けているところはあっただろう。しかし今回そう感じたのは多分、『想像していなかった』から。

障害を持つ子供を自分が育てることになるなんて想像もしていなかったし、こんなサポートを受けさせて頂けるなんてことも当然、想像していなかった。

だからこそ改めて自分がその立場になった時に強く感じたのだと思う。

さらに自分が受けている訳ではなくて「自分の子供」が受けているから、なおさら強く感謝の気持ちが自分の中で湧き上がってきた。

本当にありがとうございます。

 

最近、自分が所属するコミュニュティの中で「お金」について議論する場があり、

その中で「育児は人間の活動として、とても大切な生産活動なはずなのに今の日本はサポートが少ない。子育てがしたいと思える環境が整っていなさすぎるのでは??」という話をしていたこともあると思う。

子育ては想像以上に大変で、1人目の時も大変だと思ったが、2人目が生まれてからの方が強くそう感じている。

やってみる前とやっている今では考え方が大きく変わった。障害の有無ではなく、単純に母親1人で子供2人以上を同時にみるのが大変だと思うからだ。

「何を甘ったれているんだ。」と感じる方はそう思ってもらっても構わない。甘えています。助けてもらえると、とても嬉しいです。

そういう思いもあって、今、子育てをされている特にお母さんには頭が上がらない。日々、無償の愛を子供に注ぎ、未来に向けた大変な大仕事をしてもらっていると感じるから。

子育ては日本の未来に繋がっています。毎日ありがとうございます。

 

少し話が逸れたので、話を戻すと、

税金がこんな風にも使われている現実と感謝している人間が少しでも税金を納めている人に伝わればと思っている。

税金の恩恵に預かる立場として、これは当たり前というか、伝えておかないといけないんじゃないかと思い、記事にしようと思った。

僕は自分のことは自分でやらなきゃいけないという考えを持っていて、他人に頼るのが苦手だ。しかし、こうやって間接的にお世話になっていることに気づき感謝の気持ちを伝えるきっかけをくれた息子にも感謝をしたい。

思いの丈を文章にしているので正直うまく伝わっているかは分からないが、とにかく皆さんに伝えたいのは「ありがとうございます。」ということです。

これからもお世話になっていくので、しっかり感謝の気持ちを持って、仕事や子育てに励んでいきたいなと思います。

皆様、本当にありがとうございます。

Sponsored Links











コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

清掃業の会社役員をしている、京都府在住の30歳。男の子2人の子育てを妻と一緒に奮闘中。2017年に大親友の死、子供の病気を経験して人生観が大きく変わり、自分の好きな事で生きていくと決意し、実践中。