クラウドソーシングは稼げる?3ヶ月で月収20万を超えたライターさんにインタビューしてみた

クラウドソーシング ライター

Sponsored Links


クラウドソーシングって知ってますか?

クラウドソーシング「ランサーズ」は、実績とスキルのあるフリーランスに仕事を発注できる仕事依頼サイトです。

専門業者と比較するとクラウドソーシングは、対応可能な人がすぐ見つかります。

登録・依頼・見積もりすべてが無料ですので、この機会にぜひ、日本初・日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」をお試しください。

引用:ランサーズ

オンラインで個人でも仕事が簡単に受注が出来るマッチングシステムサイトです。

パソコンがあれば家にいながら仕事が出来るので、主婦の方や在宅で仕事や副業がしたいという方には持ってこいではないでしょうか。

副業解禁や働き方改革などの影響もあり、関心も高まってきていますね。

 

でも実際に、

  • 仕事なんて受注出来るの?
  • 稼げるってどれくらい?
  • そんな簡単じゃないんでしょ?

 

そんな不安があったりするんではないでしょうか。

 

そこで今回はそんなクラウドソーシングを利用して、「Webライター」というお仕事をされているゆかかさんにお話を聞かせて頂きました。

ゆかかさんはなんと仕事を始めて、3ヶ月で月収20万円という成果を上げられています!

そんなゆかかさん流のクラウドソーシングで実際に稼げた方法や取り組んだことなどを実体験を交えてお伺いしました。

これからクラウドソーシングを使って、稼いでみたいと思っている方の参考になると思いますので是非、ご覧ください。

Sponsored Links

クラウドソーシングを利用して、ライターを始めてみようと思ったきっかけ

ライター

StockSnap / Pixabay

まめ:本日はインタビュー宜しくお願いします。

 

ゆかか:宜しくお願いします。

 

まめ:早速なんですが、ゆかかさんがライターを始めてみようと思ったきっかけって何だったんですか?

 

ゆかか:元々、自分で自分のことに決定権を持ちたいと思っていたタイプで。

普通に就職して会社員になったんですが、あるじゃないですか。人間関係のこじれとか、よく分からない上司の指示とか。

上司ってそういうもんじゃないですか?

そういうのがわずらわしいなと思う様になって、「自分の人生はこのままでいいのか?」とふと疑問に思ったのがきっかけですかね。

 

まめ:なるほど。社会人あるあるですね。人によると思いますが、そういう上司がいるってのはよく聞いたりしますよねw

 

ゆかか:ですねw で、働き方についていろいろ調べてたと思います。初めはライターになる気なんて全然なかったんですよ。存在も知りませんでしたしw

そんな時に「オンラインサロン」というものの存在を知るようになりました。

存在を知って、とりあえずオンラインサロンにも入ってみました。

 

私が入ったのは子育てしながら起業家として活躍もされているトリイケンゴさんの「ファーストペンギン大学」というオンラインサロンに入りました。

そこで実際にライターをされている方などと知り合う様になって、

「自分にも出来るんじゃないか?」と思えるようになったのが始めてみようと思えたのが決め手でした。

 

まめ:オンラインサロンに入ることで、自分を取り巻く環境が変わることで常識が変わったのが大きかったのかもしれませんね。

余談ですが僕たちが知り合ったのもそのオンラインサロンを通じてで、今回のインタビューもそのおかげで実現していますし。環境を変えるというのは大きな効果がありそうです。

いつ頃から始めた?

まめ:実際にライターとして活動し始めたのはいつ頃からですか?

 

ゆかか:2018年4月頃ですね。今から半年前ぐらいですね。(取材時2018年9月末頃)

 

まめ:実際に稼げるようになったのはいつ頃からですか?

 

ゆかか3ヶ月経った2018年7月にはランサーズ で月収20万円を達成できました。

翌月にはライターだけではなく、セミナー講師などもさせて頂いて、月収45万円も稼げるようになりました。

 

まめ:初めて4ヶ月で45万円ですか?!すごいですね!なにか秘訣とかありますか?

 

ゆかか:秘訣というか、45万円稼げたのは「宣言して、周りをいかに巻き込んでいけるか」ということが大切でした。

一か月間で50万円達成チャレンジという企画を自分で立ち上げて、ツイッターや身近な人に告知して追い込みましたw

そうすると「こんな仕事やってみない?」とか「協力するよ」って言ってくれる人とかが周りにいてくれて。

すごく助けてもらいました。

 

あとは自分に罰ゲームを課しました。私、虫がすごく苦手なんですが、「達成できなかったら虫を食べる」という罰を設定しました。

ほんとに嫌だったんで、仕事が進まない時には「虫、虫、虫」と自分に言い聞かせながら仕事をしてましたw

 

まめ:宣言することで周りが協力してくれたんですね。それは嬉しいし、ありがたいですね。

虫ですかw それはがんばりそうw

 

ゆかか:結局達成できなかったんで、食べたんですけどw それでもやってよかったなって思いました。

あとライターをやっていて私自身が感じるのは、月収20万円→月収30万円の壁があるなぁと。

20万円までは努力や作業量でなんとかなるんですが、そこからは自分で考えて仕事の幅を広げていくことも大切かなと思っています。

その為に50万円チャレンジをしたところもあります。

 

まめ:20万円の壁があるんですね。そこからは一工夫が必要だと。

 

ゆかか:そうですね。そこに関しては私もまだまだ勉強中です。

けど、副業として始めたい人やアルバイトの代わりに始めたいって人にはオススメの働き方だと思います。

理由はなんと言っても、即金性の高さですね。

同じ文章書く仕事でもブログだと収益が出てくるのに時間がかかると思うんですが、ライターはすぐに収益に直結するので。

 

まめ:確かにそうですね。作業した分、お金になるのはいいですね。ブログだと収益になるまで少し時間かかりますし。

実際クラウドソーシングでライターを始めて困ったことや大変なことはありましたか?

まめ:やっていく中で困ったことや大変なことはありましたか?

 

ゆかか:大変だなと思うのは、完全に個人でやっているので「自律すること」ですね。

やってもやらなくても、だれにも何も言われないので、気が抜けるとすぐだらけちゃうのがよくないですねw これはフリーランスの最大の敵だと思いますw

簡単だと思われると思いますが、けっこう大変なんですよ。

それを乗り越えるためにどんな行動をした?

まめ:対策として何かされてますか?

 

ゆかかフリーランス仲間と集まったり、予定を共有したりしながら、一緒に頑張ってますね。

気の合う仲間と一緒にやれて、ストレスが無いのが心地いいです。

同じ方向を向かって努力出来ることで自分のモチベーションにもつながるのでこの環境は自分に合っているし、ありがたいですね。

もしクラウドソーシングでライターを始めた当時の自分にアドバイスがあればどんなアドバイスを送る??

まめ:もしライターを始めた時の自分に何かアドバイスを送るとすればどんなアドバイスを送りますか?

 

ゆかか:自分としてはここまでかなり駆け足で頑張って上手くいってきた方なので、特に反省というか自分自身へのアドバイスは無いんですが、

なにか頑張る時の集中ってそんな長続きしないんで、頑張る期間は短く切って、あまり頑張りすぎないことも大事かなと思います。

一か月スパンとかで決めるのがおすすめですね。長すぎると集中が続かないので。

あとはやっぱり環境を変えるのも効果的ですね。自分は本当に良い人たちと出会えました。

これからクラウドソーシングでライターを始める人にアドバイスがあれば教えて下さい

まめ:これからライターとして頑張りたい人へアドバイスがあればお願いします。

 

ゆかか:ライターという仕事はパソコンを全然使えないという人には厳しい仕事になるかと思いますが、

もし、大学でレポートを提出したことがあったり、ワードで文章を書いたり出来るならライターとして充分仕事は受託できると思っています。

 

アドバイスと言っても、私もまだライターとしては駆け出しで、これからなので、初歩的なアドバイスしかできませんが、

まずはクラウドソーシングでライティングの仕事を受注するときは「単価1円以上の仕事」がオススメです。

同じ収入を手に入れるにしても、単価が低いと仕事の量をこなさないといけないので業務量が増え、辛くなってしまいます。

 

なので自信がないという理由でも自分を低く見積もらず、どんどん高単価の仕事にトライして欲しいなと思います。

未経験だからと言って、遠慮しなくても大丈夫です。

あとは慣れないうちは大変かもしれませんがコツコツ続けていくことが大切です。

 

「やり方、全然分からないよ!」という、これから始める人にはこちらの本もオススメなので、ぜひ読んでみてください。

私もこの本を読んで勉強しました。

フリーランスとしてライターを始めましたが、クライアントさんやフリーランス仲間など、いろんなつながりが出来、本当にやってみてよかったなと思います。

これから力をいれて取り組んでいきたいことがあれば教えて下さい

まめ:いろいろありがとうございました。実体験をお聞きでき、とてもタメになりました。

今後、力を入れていきたい活動などがあれば教えてください!

 

ゆかか:ライターは継続しながら、ライターとして身についたスキルを活かして、ブログ執筆や動画作成、

あとはセールスライティング、セミナー講師としても頑張っていきたいと思っています。

 

まめ:ますます活動の幅を広げていかれるんですね。ご活躍応援してます!本日はありがとうございました。

 

ゆかか:こちらこそ、ありがとうございました。

 

以上、ゆかかさんへのインタビューでした。

これからライターとして、仕事を始めたいなと思う方にはとても参考になる内容がお聞き出来ました。

ぜひ参考にして、実践してみてください!

▼ライターを始めたい方はこちら。無料で登録できます。

▼ゆかかさんおすすめの本

Sponsored Links

プロフィール

クラウドソーシング ライター

ゆかか(相原ゆか)

愛媛出身 1992年生まれ、26歳

大学を卒業後、就職し社会人になるも、自分自身の人生の選択肢として最適だと感じず、転職活動の後にフリーランスに。

オンラインサロンを通じて、ライターという働き方を知り、挑戦。

3ヶ月で月収20万円を超え、4ヶ月で月収45万円に。

ライターという枠にとどまらず、ITを駆使して、いろいろなことにチャレンジ中。

お仕事の依頼は下記にて受付中。

facebook:Yuka Aihara

twitter:ゆかかl愛媛ライター(今は東京)

ブログ:ゆかかびん

Youtube:愛媛ライターゆかか

Sponsored Links











コメントを残す